読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アークテリクス アロー22(ARRO22)が使いやすいのでレビューしてみる【旅行】

アイテム ファッション

f:id:stockeizoku:20170305081239j:plain

どうも、とっけいです。

 

アークテリクスのアロー22があまりにも使いやすいので紹介してみようと思います。 

 

プライベートで旅行に行く際にはアークテリクス アロー22(ARRO22)を愛用しています。もちろん普通に遊ぶ時にだって使えます。

 

以前は斜め掛けカバンを使っていたのですが、カメラを持ち運ぼうとするとそれだけで中身が一杯になってしまうし、途中で買った荷物は手に持つことになり、両手がふさがってしまいます。これらの問題を解決するべく、どこかにいいバッグはないかと探してみました。条件は下記のとおりです。

 

・大容量 15L以上

・ペットボトルホルダー付き

・簡単に使えるポケット付き

・汚れてもあまり気にならない

・とにかく頑丈

・デザインがカッコいい

 

そして最終的に候補に残ったのがアークテリクス アロー22(ARRO22)

 

それでは早速レビューしていきます。

アークテリクス アロー22(ARRO22)

 

 

スペック

●素材:バリスティックナイロン

●サイズ:高さ50×幅32×奥行16cm

●容量:22L

 

アロー22の外観

f:id:stockeizoku:20170305081207j:plain

リュック表面。昆虫のサナギのような形状をしています。

 

f:id:stockeizoku:20170305081252j:plain

リュック裏面。ARC'TERYX(アークテリクス)のマークが入っています。かっちょよい!

 

f:id:stockeizoku:20170305081301j:plain

左側面から。体の背面にフィットするフォルムになっているため、身体への負担がかかりにくいです。

 

f:id:stockeizoku:20170305081308j:plain

右側面から。ちらりとアークテリクスのマークが見えます。

 

 

f:id:stockeizoku:20170305081316j:plain

上面から。頑丈な作りをしているのがわかります。

 

f:id:stockeizoku:20170305081324j:plain

底面から。平面でなく角度がついているため自然に重心が高くなるような設計になっています。

 

アロー22の収納

アロー22は名前の通り22リットルの容量がある。メインのポケットとフロントポケット、2つのサイドポケットがついている。

 

メインポケット

f:id:stockeizoku:20170305081335j:plain

内側のポケット。ゴム口になっています。ちなみに上のジッパーは荷物を入れる場所ではなくて、中に形状を保つ板が入っています。取り出すと大変なのでそのままにしておきましょう。 

 

フロントポケット

f:id:stockeizoku:20170305081344j:plain

背面ジッパーがついています。

 

f:id:stockeizoku:20170305081351j:plain

開くと内側にフックがついています。伸縮式のヒモとカギだとかを引っ掛けておくにはちょうどいいかもしれません。

 

サイドポケット

f:id:stockeizoku:20170305081356j:plain

便利なサイドポケット。ペットボトルとか折り畳み傘を入れられるようになっています。収縮するゴム口になっているので入れたものが落ちることがありません。

 

f:id:stockeizoku:20170305081404j:plain

試しにペットボトルを入れてみます。いろはすよりもクリスタルガイザーとかエビアンの方が似合いそうです。

 

f:id:stockeizoku:20170305081411j:plain

反対側のサイドポケット。こっちはバリバリのマジックテープになっています。ばりばりばり。

 

アロー22の良いところ

 

22リットルの大容量

f:id:stockeizoku:20170305081419j:plain

22リットルの大容量のため、日常で使うもの(ノートPC・カメラ・Kindle・モバイルバッテリー・筆箱・折り畳み傘・ipod)を入れてもガバガバ。これに一泊二日分の着替えを入れてもまだ余るくらいです。今度携帯椅子とか買おうかと思っています。

 

重心が高く肩コリしにくい

f:id:stockeizoku:20170305081429j:plain

写真のように縦に長い形をしており、尚且つ底面が斜めになっているため重心が高くなります。

 

f:id:stockeizoku:20170305081439j:plain

また、肩回りもしっかりとしているため、アロー22が身体に密着し、肩こりが起こりにくくなります。

 

作りが頑丈防水

f:id:stockeizoku:20170305081506j:plain

肩回りの頑健さが伝わるでしょうか。これだけの頑丈さに加えてアジャストがついているため、自分の体にフィットするよう調節が可能です。

 

f:id:stockeizoku:20170305081514j:plain

ジッパー部分がナイロンになっているため水の侵入を防ぐことができます。ちょっとした小雨程度であれば全く問題なさそうですね。

 

アロー22の悪いところ

一方で実際に使用していて不便だと感じる面もあります。

電車で座った時に膝に置いておけない

大容量のリュックのため、膝の上に置いておくには少し大きすぎかもしれません。それから、背中と接する面に固い板が入っているため折りたたむことも難しいです。僕の場合は足の間に置くことで解決しているけれど、人によっては大きな問題と感じるかもしれません。

 

リュックを置くと倒れてしまう

リュックの底面に角度がついているため、座らせておこうとしてもカメのようにひっくり返ってしまいます。壁にもたれ掛けさせようとしても、背負う部分がしっかりとしすぎていてバランスが取れなくなってしまう。

 

どこで買うのが得なのか

参考価格は約30000円となっていますが、アマゾンや楽天などのネット通販では逆輸入品の購入が可能です。こちらであれば、価格は18000円程となるため非常にお得といえるでしょう。

 

 

一方で、ビームスなどとコラボレーションしているアロー22には並行輸入品が存在しません。30000円程支払う必要がありますが、このカッコよさを考えるとそれだけの価値はありそうですね。 

 

おわりに

レビューのとおりアロー22は本当に使いやすいですしかっこいいと思っています。自分の気に入った旅行カバンを手に入れると旅行に行くのが楽しくなりますね。このリュックを買ってから確実に旅行に行く回数が増えています。好きなものを身に着けて出かけるのは嬉しい。 

本記事が皆さんのアロー22ライフに役立てば幸いです。

 

おまけ:個人的に気になっているリュック、シンプルでかっちょいいです。

 

stockeizoku.hatenablog.com

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら!