読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ティラノサウルスはすごい」を読んでみた【書評】

読書

前回はアリについての記事を書いた。アリンコというと、小さい・弱いイメージがあるけれど、今回はそういったイメージの対極にある恐竜についての本、「ティラノサウルスはすごい」を読んでみた。 

stockeizoku.hatenablog.com

 

小さい頃僕は恐竜が大好きだった。

男の子であれば、興味は乗り物か生き物、あるいは戦隊物などいずれもカッコいいものに向かうのが普通だ。僕の場合はそれが恐竜だった。幼い頃から恐竜が大好きで、小学生の頃にはずっと恐竜の図鑑なんか眺めたりしているような子供だった。

 

デカくて強くてカッコいい!!そのすべてを兼ね備えているのがティラノサウルスだ。誰だってわかる。小学生の僕にだってわかった。とにかくカッコいい。

そんな僕がふと本屋で見かけて気になったのがこの本、「ティラノサウルスはすごい」だ。

 

ティラノサウルスはすごい

 ティラノサウルスはおよそ7200万年前から6600万年前の白亜紀末期に生きていた、史上最強の肉食恐竜です。全長はおよそ12メートル、体重は約6トン、噛む力はワニの9倍!いつどこに生きていたのかに始まり、圧倒的な肉食性能、身体能力から、生態、進化の過程まで、最新の研究を踏まえて、ティラノサウルスを徹底解剖します。

 

体に不釣り合いなほど小さな手の使い方

ティラノサウルスは驚くほどに手が小さい。ちょうど手足を無くす方向に進化(退化)している途中の生き物のようだ。こんなに小さくて何かの役に立つのだろうか?って疑問に思うのだけれど、座った状態から起き上がる際や食事・交尾の時に対象を掴んだりしていたようだ。

 

うーん、思っていたような意外な使い道はなかった・・・そりゃ、手だもんね、何かを掴んだり起き上がったりするときに使うでしょう、って感じだ。

 

トリケラトプスの美味しい食べ方ってなんだ?

目次にトリケラトプスの美味しい食べ方という文がある。なんだネタの項目かと思いきや、トリケラトプスに残されたティラノサウルスの噛み傷から推測されているもので、その内容は著名な学術誌であるNatureにも取り上げられている。

※アメリカ、ロッキー山脈博物館のデンバー・W・フォウラー博士が2012年の国際学会で発表

www.nature.com

 

フォウラー博士の提唱するティラノサウルスがトリケラトプスを食べるときの4つのステップ

ステップ1

f:id:stockeizoku:20170125164137p:plain

仕留めたトリケラトプスのフリルにかみつく。その際、ティラノサウルスは自分の後脚をトリケラトプスの胴体にのせて、トリケラトプスの体を押さえ込んだかもしれません。

ステップ2

f:id:stockeizoku:20170125164243p:plain

力いっぱいフリルを引き上げる。そうすることで、首の筋肉が露出したことでしょう。

 

ステップ3

f:id:stockeizoku:20170125164311p:plain

顔先に回って鼻先を引っ張る。こうすれば、首が胴体から離れます。

ステップ4

f:id:stockeizoku:20170125164322p:plain

首の裏の筋肉を美味しくいただく。

へー、 なんだ、ティラノサウルスもグルメだったのか、という印象。恐竜の脳みそってちっぽけで頭の悪いイメージだったけれど、こういう芸当ができるのであれば思っていたよりも利口なのかもしれない。

4枚目の絵を見てるとマグロのカマとか思い出す。やっぱり価値のあるものは普段隠れた手の届かないところにあるのだろうか。

 

トリケラトプスの美味しい食べ方なんか知っても・・・と思うかもしれないが、いつ役に立つかはわからない。タイトルをつけるとすれば、

 

誰でもできる!たったの4ステップでトリケラトプスを美味しく食す!

 

といったところだろうか。

 

そういえば、ジュラシックパークって可能なの? 

琥珀に閉じ込められた蚊に含まれているDNAを使って、恐竜を蘇らせる。なんとも夢のあるストーリー。幼い頃は現実味のある話だと思っていたけれど、実際にはDNAにも半減期があって、時間の経過とともにDNAは壊れていくため、太古の昔のDNAが今現在もそのままの形で残っていることは殆どありえないようだ。 

www.nature.com

 

一方で、このDNAの分解作用は低温の環境では抑制されるため、環境によってはある程度残っている可能性もなくはないそうだ。

書いていて思い出したけれど、昔北極の氷結凍土中にあるマンモスをつかってクローンを作り出す計画はどうなったんだろう??

 

おわりに

トリケラトプスの美味しい食べ方を除いて、そこまで内容には触れなかった。けれど、「ティラノサウルスはすごい」を読めば、幼いころの気持ちを思い出すこともできるし、ジュラシックパークシリーズをより楽しんでみることだってできる(はず)。 

現に読んだ後は謎のワクワク感・高揚感に包まれていた。

 

Amazonプライムでジュラシックパークシリーズが見放題

ジュラシックパーク・ロストワールドから最新作のジュラシックワールドまで全シリーズ見ることができるのでおススメだ。

 ※初回は30日間無料のため、好きなものを見まくってから解約するというのもアリ

 

本記事が皆さんの恐竜ライフに役立てば幸いです。

 

ではさいなら!