読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エレコムトラックボールM-XT3DRBK(握りの極み)の操作性が高いのでレビュー【おすすめ】

アイテム

こんにちは、怠け癖のついているとっけいです。

 

使いやすいトラックボールマウスを紹介します。

 

以前使用していたマウスが壊れてしまった。新しいものを買う際に、せっかくだから、腕を動かすことの少ないトラックボールにしてみようということで乗り換えました。

 

使用を始めてから数ヶ月が立ち余りにも使い心地がいいので、ここらでレビューを書いてみます。

 

なぜトラックボールなのか

そもそも、どうしてトラックボールを選んだのかというと、非常に使い勝手がいいからです。通常の動かすマウスの場合は、平坦な場所でしか操作することができない。一方で、トラックボール(かつ無線)であれば、パソコンを置いて寝そべりながら操作することができます。寝ながらスマホを触る習慣がある人にはうってつけ。この利点は、怠け者の僕にとっては非常に大きい。

 

最初はすこし操作に戸惑う。これまでマウスの移動に応じてカーソルを動かしていた分、親指だけでカーソルを動かすというのは違和感があります。けれどそれも使い始めて数時間だけ。いざ使うようになればその操作性の高さに驚くばかり。

 

余談ではあるが、腕を動かす必要がないという利点を最大限に生かした高度なテクニックとしては、両手を後ろに着いてもPC操作ができるので相当怠けられます。ただ、ディスプレイ上のカーソルの動きとトラックボールの動きの向きを頭の中で修正しなければならないので慣れるまでは難易度が高いです。脳トレになる。

 

トラックボール選び

さて、トラックボールを選ぶにあたって有力なものを調べてみました。ロジクールだとかロジクールだとかロジクールだとか。

 

やっぱり調べれば調べるほどロジクールは評判がいいというのがよくわかります。けれど、店頭のサンプルを手に取ってみるとなんだか違和感がある。あくまで個人的な意見なのですが、サイズ感が大きすぎるし、形状や配色がエイリアンみたいで好きじゃない。 (大多数の人にはロジクールのほうが使いやすいかもしれません)

 

好き嫌いというのは大きな問題だと思います。使っているうちに愛着が湧くということもあるのかもしれないけれど、自分で選んでものを買うのに、わざわざ気に入っていないものを選ぶ必要はないはず。

 

ちなみに、ジャケ買いしそうなほど気に入ったものがこちら、デザインは好きだけれど、操作性があまり良くなさそう・・・結局断念しました。

マウスを選ぶ条件

マウスを選ぶにあたって、条件を自分の中ではっきりと言葉にしてみました。

 

・トラックボール

・無線式

・チルトホイール

・手に良く馴染む

・使っていて疲労を感じにくい

・デザインが嫌いじゃない

・進む戻るボタンが付いている(できれば)

 

上記の条件で絞ったところ、最終的に、エレコムの握りの極み(なんだか名匠系のオナホみたいなネーミング)を選択することに決めました。

※今は「握りの極み」というキャッチコピーは消えている?

 

エレコムのトラックボールM-XT3DRBKを使うとマウス操作スピードが向上する

そろそろマウスの紹介に入ります。まずは写真から。

 

f:id:stockeizoku:20170305085815j:plain

上面からの写真、いかにも手に馴染みそうなのが見て取れる。マウスの上に手が置かれているのが見えます(幻視)

 

f:id:stockeizoku:20170305085823j:plain

逆サイドから。甲虫を彷彿とさせるフェイス。美しい。

 

f:id:stockeizoku:20170305085831j:plain

側面から。トラックボールがキュート。全体が黒色で統一感がある。かっこいいです。

 

写真はともかく使ってみてどうなの?っていうと、

 

とにかく使いやすい。

操作スピードが1.2倍にあがる

※以前のマウス比(僕調べ)

 

このマウスは上記に挙げた条件を満たしているだけでなく、薬指にクリック・ボタンがついていて、これを押している間はカーソルの移動速度がゆっくりになります。

つまり、大きく移動をさせたい時には親指・人差し指のみで操作をして、クリック時などには薬指クリックをしながら操作を行う。これが非常に便利です。

 

また、マウス上面のスイッチ(High・Lowを選択)でもカーソル速度を変更できるため、計4通りの速度をマウス側で設定することができます。

※ちなみに僕は、基本Lowに合わせた状態で操作しています。

 

帰宅後食事お風呂を済ませて寝そべりながらPCを操作する、これ以上ないほどに怠惰な時間を過ごすのは幸せだ。

おわりに

PC周りの機器選びってどうしてこんなに心が躍るのか。今回、僕は握りの極みにたどり着いたけれど、多くの人はロジクールの方が合うのかもしれない。自分なりに好みのマウスを使うと色々と捗るかと思います。

 

今回の記事がみなさんのマウス選びに役立てば幸いです。

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら!