読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

格安SIM乗換えの流れをまとめてみた【毎月6000円お得】

お金

こんにちは、とっけいです。

 

昨年、AUから格安SIMに乗り換えた僕ですが、乗り換え前と比べて、

 

毎月6000円以上得をしています

 

毎月6000円というと一年間で72000円も得をすることになります。

こんなにも得をするのにまだ、格安SIMに乗り換えていない人がたくさんいる。

 

携帯電話をそこまで使用しているわけでもないのに、使用量として毎月8000円近くも支払っているのはもったいなすぎる!

 

ということで、格安SIMに関する説明から入り、三大キャリア(au・docomo・softbank)の回線から格安SIMに乗り換えるまでの流れを紹介していきます。

 

 

格安SIMはとにかく安い 

f:id:stockeizoku:20170103223812j:plain

 

どうして格安SIMに変えるのがいいのかというと、

 

・使用料金が安い

 

理由はこれだけだと思います。確かに三大キャリアの回線は常に安定して早いし、使用可能なデータ量も多い。

 

けれど正直、そこまで使わないんだよね・・・

 

帰れば家のwifiを使うから、実際に必要になる通信は外での使用分のみ。

 

ちょっとした動画やゲームアプリを使う程度であれば速度だって全く気にならないし、高いお金を払って三大キャリアと契約する必要がない。

 

 

もちろん、使用状況や頻度などによってはそちらのほうがお得という場合もあるかもしれないけれど、

 

 

一般的な使用法をしている人であれば、格安SIMで自分にあったプランを選ぶほうが間違いなく得だといえます。

 

 

どうして格安SIMに変えないのか

じゃあなんで、みんな格安SIMにしないかっていうと、大体下記のどちらかが理由だと思います。

 

・新しい機種が大好きで早く使いたい

・格安SIMについてよく知らないし、変えるのが面倒くさい

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 新しい機種が大好きで早く使いたい

前者の新しい機種を使いたい人の場合は、3大キャリアと契約し続けるメリットがある。というのも、短期間で新しい機種が出るたびに変える人向けのプランが存在しているから。

 

だから、どうしても新しい機種じゃないと嫌だっていう人なんかは、3大キャリアと契約し続けていたほうがよっぽど安く済む。年間に何回も機種変更しようものなら毎回機種本体代金を支払わなければならないけれど、この負担をある程度減らしてくれるのだ。

 

けれど一般的にはそんな人少ないんじゃないかと思う。

 

そこで、本命の格安SIMについてよく知らないし、変えるのが面倒くさいっていう人に移ります。

 

格安SIMについてよく知らないし、変えるのが面倒くさい

これまで長い間ずーっと3大キャリアの携帯電話を使ってきたものだから、何となくこのままでいることに安心感を覚えているし、他社の回線に変えてとんでもなく遅くなったらどうしようだとか、回線を変えてデータがなくなったら困るだとかいろいろと不安を抱えている。

 

確かに他社の回線に変えると、通信スピードはある程度は落ちる。けれど、速度制限が掛かった時のような状態ではないし、実際に格安SIMを使っている僕の感想としては、

 

体感できない程度の速度低下がほとんど

 

なお、回線を変えてデータが無くなるなんてことはないので安心してほしい。

 

まとめると、

 

・格安SIMはとにかく安い

・そこまで速度低下を実感することはない

・格安SIMに変えてもデータはなくならない

 

格安SIMに変えるとどういうことになるかはある程度わかってもらえたと思う。

 

じゃあ実際にはどうやって変えたらいいの?っていうことで、次の項目に進みます。

 

格安SIM乗り換えまでの流れ 

 

三大キャリア(au・docomo・softbank)から格安SIMに乗り換えるまでの流れは下記の通り

 

1.乗り換える格安SIMの会社を決定する

2.SIMフリー端末を用意する

3.乗り換えることで発生する金額を確認する

4.キャリアショップに MVNPの番号を発行してもらう

5.SIMロックを解除してもらう

6.他社で契約を行う

7.回線切り替えの手続きを行う

 

1つずつ見ていこう

 

1.乗り換える格安SIMの会社を決定する

はじめに、どの格安SIMに乗り換えるかを決めましょう。

 

乗り換える格安SIMが今契約しているキャリア回線と同じ回線を使っている場合はSIMロックを解除してもらう必要がなくなるため、そのあたりも考慮に入れたほうがいい。

 

具体的には、

 

AUならUQmobile、

 

DocomoならDMMmobile、

 

SoftBankならY!mobile

 

などを選べば、SIMロック解除の必要がなくなり、今の携帯電話に新しく契約するSIMカードを入れれば使用できる。

※VoLTE対応端末であったり条件によってはロック解除ができない場合があるらしい・・・

 

ちなみに僕は価格が一番安いDMMモバイルにしました。

DMMmobile

 

2.SIMフリー端末を用意する 

 

2015年の夏以降のモデルは全てSIMロックを解除できるようになっています。

 

ちょうど今自分が使っている端末がSIMロック解除可能であれば、そのままショップに持って行ってSIMロック解除をお願いすればOK

 

一方で、2015年夏以前の端末を利用している人は、新しく契約する会社で出しているSIMフリー端末がセットになっているプランの申し込みを行うか、既に発売されている端末をブックオフで買ったり、Amazonなどのネット通販やオークションを使ってSIMロックを解除できる端末を用意する必要がある。

 

※先にも書いた通り、乗り換え先と現在のキャリアの回線が同じ場合はわざわざSIMフリー端末を用意する必要はないようです。

 

 

3.乗り換えることで発生する金額を確認する

携帯電話の解約は更新月以外に行うと、解約違約金という謎のお金を払わされてしまう。

それから、携帯電話本体の料金を払い終わっていない場合、その料金も負担することになってしまうのだ。

 

そもそも、2年間契約だったら、機種料金も実質タダにするよみたいなせこい話だったことを思い出す。

 

上記の通り、いざ乗り換えを行おうとするといろいろとお金がかかってしまうため、

 

実際に乗り換えを行うとどれくらいのお金がかかって、いつまでに元が取れるのかっていうのを計算してから乗り換えることをおすすめします。

 

ちなみに、僕が実際に乗り換えで支払った金額は大体こんな感じ

 

・解約違約金   10000円

・本体残代金   10000円

・端末代金    20000円

・SIMロック解除    3000円

・契約手数料     3000円

 

 合計      46000円

 

初期費用結構かかってるじゃんと思うかもしれないけれど、毎月6000円安くなるので、8か月で元が取れるし、それ以降は1ヶ月毎に6000円浮く計算になる。

 

ちなみに、解約月がすぐそばに迫っている場合は待つのも1つの手なので、バランスよく検討するといいんじゃないかと思います。

 

4.キャリアショップに MVNPの番号を発行してもらう

他社に乗り換える際に必要になる番号なので発行してもらおう。 

ちなみに番号の有効期間は14日なので、期限内に乗り換えを済ませてしまいましょう。

 

5.SIMロックを解除してもらう

端末の用意ができたら次はSIMロックの解除です。

 

SIMロック解除には3000円程度の手数料がかかるが、ネットから申し込みを行えばタダになるので、わざわざショップに行ってお金を払って解除してもらう必要はない。

 

一方で、自身が契約者でない端末(ブックオフやAmazon・オークションなどで購入したもの)に関しては、ショップでの解除しかできないため、大人しく解除手数料を払いましょう。

 

悔しいけれど仕方がない・・・

 

6.他社で契約を行う

ここで、先に発行してもらったMVNP番号を使用して他社で契約を行う。

 

その際、店頭とネットからの契約が可能だが、断然、ネットで契約するのがおすすめ

 

というのも、実際に店頭で契約しようとすると、契約しようと考えている格安SIMの案内をしてもらえなかったりするし、契約についてよくわかっていない人が説明してもらいに行くと、異なる格安SIMの必要のないプランで契約させられてしまう恐れがある。

 

それにネットであれば、10分もあれば契約は完了する。店頭で話をすると、なんだかんだ話を聞いてしまって早くても30分はかかる。

 

契約が完了すれば、SIMカードの郵送が始まる。

 

あとは、SIMカードが到着するのを待とう。大体2日程度で到着する。

 

7.回線切り替えの手続きを行う

 SIMカードが到着したら回線切り替えの手続きをしよう。

これで回線が格安SIMに切り替わる。

 

後は端末でSIMカードの認識をさせれば完了!

DMMmobile

 

おわりに

今まで3大キャリアにどれだけぼったくられたのかを考えると悔しい・・・格安SIMが出始めてから速攻で乗り換えてさえいれば10万以上得をしていたのにと考えてしまう。

 

いろいろと手続は面倒だけど、格安SIMへの乗り換えはそれに見合うだけの価値があるのでおすすめです。

 

stockeizoku.hatenablog.com

 

ではさいなら!